湯田温泉&狐の足あとQ&A

Q1 泊まるところはたくさんあるんですか?

A1 温泉旅館から公共の宿、リーズナブルなビジネスホテルまで30軒ほどあります。泊まるところに迷った時は湯田温泉観光案内所(083-901-0150、9時〜18時)もしくは湯田温泉旅館案内所(083-922-1811)にお問い合わせください。ご予算、食事つきかどうか、和室か洋室か、などご希望にあわせてお選びいただけます。
当サイトでも、「いい宿、あります」にも宿泊施設の一覧表を載せていますのでご参考に。

Q2 交通アクセスは?

A2 JR山陽本線、山陽新幹線の新山口駅からJR山口線で湯田温泉駅まで普通列車で18分。特急列車で9分(自由席料金+750円)。湯田温泉駅から温泉街まで徒歩10分。車の場合は中国自動車道山口ICもしくは小郡ICから15分。東京、大阪、広島、福岡などと結ぶ高速バスもあります。
東京・羽田空港から1時間30分の山口宇部空港からは車で約40分。

Q3 湯田付近を観光するのに便利なのは?

A3 乗合観光タクシーがおすすめです。1名から利用できます。1時間コースで1名2000円(税込)。2時間コースで1名3000円(税込)。出発時刻は1時間コースが9時、10時、15時、16時、20時、20時40分。2時間コースが9時、10時、14時、15時。4名以上のグループなら随時臨時便を運行。

(但し、湯田温泉旅館協同組合 加盟旅館宿泊者のみ対象)

お問合せ・ご予約・お申し込みは湯田温泉観光案内所(083-901-0150)までどうぞ。

Q4 レンタサイクルはありますか?

A4 湯田温泉観光案内所で借りられます。時間は9時から17時まで。
2時間以内400円~延長料金は100円/1時間、最大ご利用は8時間です。
湯田温泉旅館協同組合加盟宿泊施設にお泊りの方は1日(24時間以内)1000円でご利用いただけます。

電動アシスト自転車(限定5台)もあります。
料金は2時間以内600円、延長料金は200円/1時間です。

(いずれも保険料込)

Q5 湯田から萩、秋吉台・秋芳洞へ公共交通機関を使って行けますか?

A5 路線バスがあります。所要時間は「湯田温泉通」バス停から萩まで約1時間、秋吉台・秋芳洞まで約40分です。

Q6 湯田温泉の魅力は?

A6 湯田温泉のある山口市は県庁所在地。街中の温泉ですので飲食店や土産物店なども多く、山口の食材をいかした食事やスイーツお土産選び、そして観光スポットや足湯巡りも楽しめます。県内各地への交通アクセスもよく、山口県観光の拠点にぴったり。いつでも利用できる気軽さが特徴です。

Q7 湯田温泉界隈のみどころは?

A7 湯田温泉エリアであれば中原中也記念館、井上公園をはじめとする維新の志士関連のスポット。ちょっと足をのばして山口県庁のある山口中心市街地、「西の京」と呼ばれるエリアの国宝瑠璃光寺五重塔、香山公園、サビエル記念聖堂、一の坂川などもぜひどうぞ。

Q8 泊まらずに温泉だけ利用できますか?

A8 立ち寄り湯は専用施設2、公衆浴場1、旅館5、保養所1の計9ヵ所あります。

Q9 飲泉って、何か効能はありますか?

A9 湯田温泉は、室町時代に栄えた大内氏の館の西、風水でいう白虎の方角にあります。日本には虎はいなかったので狐を代わりに神仏の使いとしました。白虎と白狐、読みも同じ「びゃっこ」ですね。この湯田温泉の地下から湧き出る温泉で商売繁盛、金運アップの運気を取り入れてください。

Q10 オススメのお土産を教えて?

A10 当サイトの「いいモノ、あります」ページにもご紹介していますが、外郎(ういろう)、かまぼこや干物などの海産物。近年人気の高い山口県の地酒も勢揃いしています。萩焼や大内塗も人気です。特に、「生外郎」は山口でしか手に入らない和菓子。見つけたらぜひゲットして!またこのたび、湯田温泉の源泉を使った無添加のミスト(化粧水)が誕生しました。

Q11 食事ができるお店を教えて?

A11 何が食べたいか、どんな雰囲気がいいか、ご予算は・・・?
まずはこのサイトの「ごちそうあります」をクリック! また、食事処、居酒屋、スナックなどいろいろなお店を紹介する冊子を<狐の足あと>や各観光案内所、山口宇部空港などにも置いています。

Q12 オススメのおいしいものは何?

A12 山口にいらっしゃったら冬は何と言ってもフグ。夏なら瀬戸内海産のハモ。そしてクルマエビ。いずれもコース料理はもちろんのこと、お刺身や天ぷらだけといった単品料理で地元ならではのリーズナブルなお値段でいただけるのでオススメです。
 海の幸だけでなく、「はなっこりー」「くりまさる」といった山口特産の野菜や「あとう和牛」を使った料理を出すところも。揚げた中華めんに野菜あんをかけた「ばりそば」は地元の人に愛されるご当地グルメです。

Q13 何かユニークな着目ポイントがある?

A13 意外とファンがいるのがマンホールのふたの絵。湯田温泉のキャラ「ゆう太」探しもぜひどうぞ。

狐石像1 狐石像2修正

Q14 <狐の足あと>ってどんなところ?

A14 湯田温泉や山口県内の観光スポットをはじめ、旅の楽しみである「食」や「お土産」をご紹介する観光拠点施設です。山口ならではのローカルグルメが楽しめるカフェや展示ギャラリーもあります。

Q15 <狐の足あと>には足湯はないの?

A15 もちろんあります! 足湯につかりながらカフェメニューをお楽しみいただけます。更衣室&ロッカーを完備していますのでタイツやストッキングを着けていらっしゃってもOK。お気兼ねなくご利用ください。レンタル無料の足湯衣装もあります! 

Q16 <狐の足あと>の営業時間や定休日は?

A16 8時から22時まで。年中無休でお待ちしております。

Q17 <狐の足あと>の入館料は?

A17 入館は無料です。足湯の利用料は大人200円、小中学生100円です。(障がい者手帳をお持ちの方とその介護者の方1名は半額)

Q18 新山口駅に着いたらすぐ観光したいんだけど、荷物があって・・・。

A18 湯田温泉の旅館・ホテル(対象施設はこちら)にご宿泊のお客様には「手ぶら観光サービス」があります! 新山口駅の観光案内所で手続きをして荷物を預けたら(9時〜14時)、荷物は16時頃までに宿泊先に届きます。配送は無料で、荷物の個数制限はありません。手ぶらで身軽に観光をお楽しみください!

 


前のページヘ戻る

Top